• ホーム
  • ゼニカルと同じ成分で安価な後発医薬品があります

ゼニカルと同じ成分で安価な後発医薬品があります

体重計とメジャー

ゼニカルは、食事として脂肪分を食べた時、脂肪を分解する酵素リパーゼの働きを抑える事により、脂肪を小腸から吸収させなくする薬です。
食べた脂肪の約30%が吸収することなく、排出されますので、ダイエット効果があります。
日本では、まだ販売の許可ででていませんが、アメリカのFDA(米国食品医薬品局)では、正式に発売が認可されており、世界で約4000万人の人が使用しています。
日本で、ゼニカルを手に入れようと思えば、個人輸入代行会社を通して手に入れる事が出来ます。
ゼニカルの値段は42錠5980円です。
為替レートの変更により、多少の値段の変更はあります。

ゼニカルの使用を止めると、食べた脂肪分が体内に吸収されるので、リバウンドを防ごうと思えば、使い続ける必要があります。
ゼニカル発売後の特許期間は切れていますので、この薬には、同じ成分の安価なゼニカルのジェネリック医薬品があり、インドやドイツやアメリカの会社で製造発売されています。
1箱30錠で3980円です。
これをゼニカル42錠に換算しますと、5,572円となります。
しかし、まとめて個人輸入をすると最大50%割り引きがありますので、はるかに安い値段で手に入れる事が出来ます。

個人輸入をする場合、偽物であるという疑惑が残るのですが、個人輸入の定評のある販売サイトでは成分鑑定書がホームページに載っているところがありますので、そのような個人輸入サイトを使うと安心して購入が出来ます。

ゼニカルは脂肪の吸収をカットしますので、ビタミンEやビタミンAやビタミンKなどの脂溶性ビタミンの吸収が出来なくなります。
一緒にマルチビタミン剤とか脂溶性ビタミン剤を飲むことが推奨されています。

人気記事一覧